So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CP+2018へ参加してきました!! その1 [イベント情報]

昨日はCP+2018へ行ってまいりました。

帰りには、川崎付近の沿線火災で電車の時間がめちゃくちゃでした。
最寄駅→横浜 基本1時間30分で行けるんですが、帰りは4時間以上かかりました。。
どうにもならないので、鶴見駅で下車して一杯呑んでしまったのは内緒です。

えぇ、良い思い出に残る経験ができましたよ。


1.jpg

SONYさんより電車の切符をいただきましたので、2つの宿題である内の1つ、
レポートは早速書き上げて先程送信しておきました。たぶん60点くらいのデキ。。 
時間が立つと忘れちゃいますのでね。

そして、もう一つの宿題が会場のレポートをSNSで発信せよ、という事です。
ツイッターで現場から発信すればOKだったのか?と今さらながら思いますが。

私、ツイッターやりません。以前はやってましたが、気づいたらボヤキのみだった。。

という事で、私なりの会場レポートをさせていただきます。
内容が多いので今日と明日でうっぷします! 本日はSONY編。


まずもって、SONYさまへ一言いいたいです。

SONYのブース、オーディエンスが多すぎじゃねっ!?

なるほど、それは一番奥のすみっこへ追いやられる?わけですよ。
あんなに混んでたら、入り口付近じゃどうしようもないでしょ!?

私、CP+に参加するのは5年ぶりです。
5年の内にSONYってこういう存在になったんだなぁ。。 
感じたのはまずそこです。

必須ミッションとしては「α7M3」は必ず体験せよ、とのご命令。
私が行った時には30分まちでした。こんなにまったのはネズミーランド以来です。

30分並んで持ち時間は5分です。5分でハガサれちゃいます。
いやすみません、お次の方へお譲りさせていただく事になります。

12.jpg
14.jpg
13.jpg

えぇ、私はα7M2を持参して比較ショットを撮りたかったのですが、
そんな悠長な状況じゃない。シャッターは切りたい、メニューもチェックしたい、
本体の写真も撮りたい。という事で結果は惨敗です。

α7MⅢを触ってみた実感したこと、「α7M2とα7MⅢはまったくの別物」です。
シャッターを1回レリーズしてみたら即実感します。兄弟機とは言えない位違います。

レリーズ時の剛性感、AFの測距力、連写能力とAF追従性、そしてボディの剛性感。
数分しかさわっていない状況でも圧倒的にわかる違い、 

こらアカンわ。。ジャブではなくてストレートを喰らった、そんな感じですよ。
テイストはα9に近いですね。この感じが23万円なら言いたくないですが「安い」です。

会場ではバスケなモデルさん等いて、AF追従と連写能力を存分に試せるのですが、
レンズがレンズなのでね、逆側の方が写ってしまうので、肖像権許可が必要?

でも、言うまでもなくその程度の被写体ではピントは外れませんよ。
正確に言うといや外せないといった方がいいかもしれませんね。

まぁ、このカメラに24105G装着しとけばね、なんの文句もございませんよ。

言うなれば「スタンダード・スーパーアルティメットα7」ですね。
どうしようかなぁ、と思ってしまっている方、何の問題もありません。

買っちゃってください。


SONYのブースでは、α7M3やα9、超望遠レンズのコーナー他、色々な仕掛けがっ!!

5.jpg

水もしたたる「DSC-RX0」

8.jpg

RX0軍団の映像を一括管理。

7.jpg

αとサイバーショットの親子コンビ、新製品のレリーズケーブルVMC-MM2との組み合わせ。


出たっ!!

400.jpg

ヨンニッパ 今年中にはお手元に届くと思われます(ご予約する方には。。) 

キレイなおねいさんを撮影できる、撮影体験コーナーももちろんございます。


時間ごとのセミナーも大好評っ!!

2.jpg
中井先生 抜群のトーク力、集客力は圧巻。。

9.jpg
高橋優也さん。 AKB48の峰岸さんの写真を公開しながらのお話。

10.jpg
柏倉陽介さん&打田武史さん クリエイターですねぇ。カッコいい。

正直な所、前にも書いたように、SONYさん以外もみたい。
逆にSONYさん以外を見たい、と。それが目的だったんですが。


明日まで開催なCP+ですが、特にSONYブースはめちゃくちゃ活気があります。

で、しつこいですが、α7M3は最高のカメラです。

0.jpg

https://pur.store.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M3/ILCE-7M3_purchase/

昨日より好評絶賛ご予約受付中です♪ 今現在は発売日頃のお届けっ!!
(いつ入荷次第のお届けになってしまうかは予測不可能。。)

----------------------------------------------------------------------------


今回、5年ぶりにCP+に参加させていただく「切符」をご用意いただきました、
SONY様へ厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。


CP+には、自分なりの思い出という物がございまして、
自分自身が忘れていたモノを思い出したような、そんな気持ちでした。

カメラやレンズだけでなく、三脚やライティング、カメラバックや小物用品など。
自分の社会人人生の半分はそういった商品に囲まれながら過ごしてきたわけで、
出展者さんの話の内容も、時代は違う物も、あーいう話をよくしてたなぁ、という。

電気店とはまた違った「匂い」っていうのが有るんですよね。

こんなことを書いたら笑われそうですけど、
自分が掛けてきた人生の大きな1部がそこに有りました。

という事で? 文章がだいぶカッコよくなってきた所で、SONY編は以上です。

明日は番外編を書かせて頂きます。


CP+は明日まで。どうぞお出かけください。 

お出かけしたらSONYブースは皆さんも必須ですっ!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(日曜、祝日は18:30迄)
定休日  月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます
http://www.fujikuradenki.com

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント