So-net無料ブログ作成

祝っ!! 当店のお客様=折田利弘様 ゆうちょ銀行カレンダーに写真採用♪ [時事ネタ]

これはスゲーな!!

フジクラデンキでαをお世話になっているお客様 折田利弘様。

なんと、2018年度のゆうちょ銀行カレンダーに写真が採用されましたっ!

ドンドンドン パフパフっ!!

DSC_0828.JPG

このゆうちょ銀行カレンダーは一都十一県の郵便局、ゆうちょ銀行で配布されております。

12ヶ月の中で写真を採用されているのはたったの2枚。
折田さんの写真は4月のページに採用されています。

写真は足利フラワーパークの大藤の写真です。


東京新聞さんでもご紹介されています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201711/CK2017110402000158.html


かくいうわたくし、写真を撮る方の偏差値は49くらい?だと思いますが、
写真を見る方には少々自信がございます。

折田さんは上手です。

光の捉え方が上手、構図は言うまでもない、写真の計算がしっかりしている。etc

わたくし風情がどうのこうの言うのはおこがましいですが、本当に良い写真を撮ります。

そしてもう一つ、地元愛にあふれているという事。


写真というのは、風景であれ・花であれ・人物であれ・なんであれ。
どう捉えたら最高にキレイに撮ってあげられるだろうか、というのが重要です。

ツカツカツカと歩いて行ってパチッと撮る、ではダメです。
その目についた被写体をぐるっと回ってみて、目線の高さを考えて、

「このすばらしい被写体をどう美しく撮ろうか」と。これが最高に重要なんです。

いまの時期であれば紅葉でも。

「今年の紅葉はあんまり色が良くないね」なんていう人がいますが、
そういう人はカメラマンとしては下の下ですね。

あなたの為に紅葉してるんじゃないよ、と。

そういう被写体に対する気持ち、心情っていうのは写真に写り込むんですよ。

どういう風にキレイに撮ってあげようかという気持ちが、
フレーミングをする時に、ココは写らない様にしてあげようとか、
下からの目線の方がこの木の存在感を表現してあげられる、とか。

折田さんの写真を見させて頂くと、そういう気持ちが写っているな、と。
そう感じますね、生意気な話ですけども。

折田さんは正業をしながらも写真活動を続けております。
ポートレートももちろん撮っていらっしゃいます。

時間があえば撮影のご依頼もお仕事として受けてくれているようです。

FBでコンタクトが取れると思いますので、ご興味のある方はご連絡を試みては?


なんの話だっけ、という事ですが

とにかくおめでとうございますっ!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(日曜、祝日は18:30迄)
定休日  月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます
http://www.fujikuradenki.com

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント