So-net無料ブログ作成
検索選択

品川のSONY本社でSONYの有機EL BRAVIA A1シリーズを見てきた。 [ブラビア]

なるほどね。

そういう事だったんだね。知らなかったですよ。勘違いしてましたよ。

SONYは2007年に世界初の有機ELテレビ XEL-1を発売しました。
本当に、大げさでなく、驚愕の画質だったんです。私もびっくりしましたよ。

しかし、もろもろの理由でそれは短命で終わってしまったんですよ。
あー、有機ELっていうのはなかなか難しいんだね、液晶がキレイに安くなってるしね、と。

有機ELもウォークマンの液晶や、業務用のモニターとしてはSONYも続けてきましたが、
「テレビ」としてはここ数年、なんの音沙汰もない状況だったですからね。

でも、ずーっとチャレンジしていたんですって。絶対に商品化するって。
チャレンジしては壁に当たりの繰り返し。でも必ず商品化するって。

そしてとうとうたどり着いた訳です。

1.jpg

OLED 有機ELテレビ BRAVIA A1

http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-A1/

本日現物を見てきました。

私の感想を率直に言うと、「こっちがBRAVIA史上最高画質」なんじゃないですか?という事。

えぇ、キレイです。そりゃもうめっちゃくちゃキレイです。

SONYのご担当者の方も力説していました。それは「没入感」。

画面の傾きもそう、デザインもそう、そう、すべては没入感の為に。

小さい事かも知れませんが、実はすごく大きな話。

2.jpg

センターにいて当たり前の「SONY」のバッヂ。
どのBRAVIAを見たって、どのキララバッソをみたって、真ん中についてるSONYのバッヂ。

このバッヂを一番サイドに置いています。これってそう簡単な事じゃないと思います。
なぜバッヂをサイドに置いたか、画面に対する没入感を優先する為ならそれすら譲る。

このこだわり、私にはすごく刺さりましたね。

2.jpg

くしくも本日、パナソニックからも有機ELテレビが3種、発表されましたね。
しかも、55インチ65インチともにストリートプライスは同額。

ガチンコの勝負ですね。すでに既発売の東芝との国内勢三つ巴の戦いが始まります。

シロモノはパナショップ、AVについては言うまでもなくソニーショップな当店。

このチャレンジし続けてやっと商品化できた、BRAVIA A1

徹底的におススメしていこうじゃありませんか。

もう現物をみてもらうしかないですよね。


展示決定っ!!

(会社から許可が取れるのか>オレ)


こちらはSONY品川本社の1階に展示してあるBRAVIA A1の77インチ。

3.jpg

参考出品ですが、近い将来発売したいみたいな話をされてましたよ。

1台いかがですか!?



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(日曜、祝日は18:30迄)
定休日  月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます
http://www.fujikuradenki.com

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0